Entries

番組終了の本当の理由とあいのり最終回の結末

東京ディズニーリゾート(R) おすすめホテル 楽天トラベル

テレビライフのホームページにあいのり終了の本当の理由という記事がありました。

あいのり最終回の結末&番組終了の本当の理由

まさにあいのりらしいエンディングだったが、「なぜあいのりは終わったのか」という疑問は残る。

 そのヒントは放送の中でも発表された最後のあいのり本「あいのり11~ラブワゴンは永遠に」(学研刊 3月28日)に掲載される、あいのりの生みの親のひとり、放送作家・海老克哉氏によるまえがきに隠されている。

 そこには、番組への誇りとともに、それが終了せざるを得ない無念ともとれる思いが綴られている。

 また、同書では、今田らも絶賛の“なんだろう娘”ヤマジとただっちが再会した「同窓会」から、よっこ&こーすけ、桃&梅男のカップルトーク、最後のあいのりメンバーとなった俊、志保の助のインタビューなども掲載。さらに、9年半のラブワゴンの旅の道のり、参加メンバー全188人の完全名鑑、全告白のプレイバック、あいのりベイビーの成長報告など、最終巻にふさわしくあいのりのすべてを振り返る企画も満載されている。

 9年半もの間、視聴者をひきつけてきた『あいのり』の魅力とはいったいなんだったのか。その答えはあいのり本最終巻「あいのり11~ラブワゴンは永遠に」で見つけてほしい。

ということなのですが、気になるまえがきの一部をご紹介します。

「これからも多くの人気番組や高視聴率番組が誕生するだろう。しかし、それらは、テレビをとりまく厳しい環境、そのセーフティの範囲内で許された番組なのだ。テレビというシステムそのものが、もう『あいのり』を許容できないのだ」

なんだそうです。
詳しくは「あいのり11~ラブワゴンは永遠に」を見ると明らかになるようです。

発売されたら購入して、詳しく記事にしようと思っています。



<スポンサードリンク>


Appendix

Web全体から検索

あいのり投票

無料アクセス解析

ブログ内検索

カウンター